スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ

6月11日 衆議院国会 5時間辺り
スポンサーサイト

目的税の定義



続きを読む

m9っ( >∀<)今の増税に対する疑問(一部)

今の民主党案だと
増税額 13兆円を見込み、

単純計算 一人当たり 年10万円負担増える
4人家族で40万円
社会保障に全額使うって言うけど
本当にそうなのか?

増税が無い場合、2015年の公的負担は34.8兆円とされ、
仮に5%上がると税収が13.5兆円になり、

34.8+13.5=48.3兆円
になるはずだ。

ところが、そうならない。政府は41兆円になると言っている。

41.3兆円となり、7兆円はどこに消えるのだろうか?
社会保障に全額使うと言っているのになぜだろう。

□□□□□34.8兆円
□□□□□■■■48.3兆円

↓↓
□□□□□■■41.3兆円

7兆円はそのほかの予算に使われてしまう。
消費税に伴う増加  0.8兆円       ←何に使うか分からない
年金国庫負担2分の1 2.9兆円       ←赤字国債とかに回される。
社会保障の充実   2.7兆円       

社会保障へ全てまわってないよね(*-ω-)(-ω-*)ウンウン

これが今のからくりなんだね。
これからの負担は段階的に増えていくので
年間20兆円になっていく。

消費税の税率引き上げ3%分 8兆1千億
消費税の税率引き上げ2%  5兆4千億
年金減額0.3%         2千億
年金減額0.9%         5千億
年金減額0.8%         4千億 
年金減額0.8%         4千億
年金減額0.9%         5千億
子供手当減額         4千億
復興増税 所得税       3千億
復興増税 住民税       1千億
年金保険料引き上げ     2兆4千億
医療介護保険料引き上げ   1兆

             計20兆円


物価が下がるので大丈夫だと言っているが、物価が下がったらデフレが促進される。
将来世代を考えたるためと言っているが、まったくなっていない。
さらに生活必需品の物価は下がっていないよね。

他に、介護サービスの充実とか言っているが
実際にはサービスのカットになるんだよね。

岡田担当大臣や野田総理は
こういう見通しがあるから、社会保障に安心して消費が増えていく
と言っている。

あれ?マイナス負担しかないのに安心できるのかな?より財布のひも固くなるよね?
さらに物価も下がるから、賃金も下がるよね?現に平均給与4万円下がってるし。

海外と比べると日本の負担率は低いのでいいと言っている。
海外は還元率が高いのに、日本は低いので意味無いよね?

7年前野田総理は 風邪から治りかけた日本を肺炎にさせている
と批判して言っていましたね。

経済についての誤認

京都大学大学院工学研究科教授 藤井 聡
の動画です。

内需主導の経済成長と外需輸出を含めた経済成長という題で
話されてるんだ。
日本経済の誤認していることについて説明してくれます。
良く分かりやすい動画です。

この問題、皆とっくに分かってたよね?

気持ちいいぐらいに分かりやすく説明してくれるから紹介するね。
下記に長いけどまとめるよ(*´ω`*)
興味無い人はテターイ3≡=-((( (っ *´ q`*)っしてくださいね。



成長論には2つの視点があるんだ。
Aパターン:
日本は貿易立国で、少子高齢化で内需の拡大は望めない。
だから、日本が経済成長するには外に打って出るしかない。
また公共事業ノ効果は小さく日本経済は破綻寸前ヾ(*´∀`*)ノ
だから自由貿易による成長戦略が必要。
これで経済の健全化ができる。

Bパターン:
デフレの問題は需要不足なので、日銀による金融緩和と
政府による財政出動が不可欠。
日本の国債はほとんど国内で消費され、
円高なので国債の発行によって大きな支障が無い。
国債による資金調達と金融政策と財政出動で経済の健全化ができる。


あなたはどちらがいいと思いますか?


今の世論調査だと偏向報道でAが正しいと言っていますが
正解は当然Bです。

では、
Aがなぜ間違っているか考えましょう。

Aには5つの誤認があります。下記に挙げていきます。
①少子高齢化で内需の拡大は望めない。←誤認1ヾ(*´∀`*)ノ
 ドイツ・ロシアなども少子高齢化社会でも経済成長はしている。
 もし仮に人口が1・2%減少しても一人当たりのGDPが
 3~4%程度伸びれば経済成長できる。
 ラーメンに餃子ひとつつけるだけで伸びるんだね
                    (。-‘ω-)ふむ・・・

 その上、少子高齢化なので医療費のかかるお年寄り世代は、
 いずれ減少する。           (。- 人-)ふむ・・・
 
 人口減少とか少子高齢化とか言われてるけど、
 そもそも戦後のベビーブームが爆発的な人口増加で社会的に
 異常な状況であり、今の出生率はむしろ成熟した社会として
 正常な値である。
 
②日本が経済成長するには外に打って出るしかない。←誤認2
 日本の輸出依存度は低く典型的な内需主導経済である。
 実際9割近くは内需で、1割は外需なんだ。
 つまり、外需を2倍に伸ばしても20%程度しか伸びない。
 一方、内需が2倍になればGDPが今の2倍近く上がる。

  ほとんど国内消費なんだね~。ィェ━━ヽ(*゚囗゚)人(゚囗゚*)
 
さらに、≧皿≦ 
 2008年のリーマンショック以後日本の製品を買ってくれるほど
 景気のいい国や金持ちは少ない上に、現在は円高。
  
  そいや日本国内の外国企業って、少なくなったよね。
       自国にテターイ3≡=-((( (っ *´ q`*)っ


③日本政府の破たん寸前。←誤認3
 ・日本国債はすべて円建て
    ・・・・ギリシャと違い、日本は金融施策が
        打つことができる点。
    ・・・・中央銀行があるので破たんはしない点。
         (適切に経済政策が機能していれば)
 
 ・9割以上が日本国内の投資家が国債を買っているため、
  投げ売りのリスクは少ない。
  
  そもそも日本は財政危機ではない。
  国の借金894兆円の内訳は
    ①108兆円は短期債務で資金繰り
    ②201兆円は地方債務なので償還される
    ③251兆円は建設国債で問題なし
    ④391兆円の赤字国債GDP80%で諸外国と同じであり、
     中央政府の資産があるので何も問題ない



④公共事業は無駄、経済対策として効果低い。←誤認4
・地震国なので必要な公共事業を選んべばいい。
・インフレのときは民業圧迫(クラウディングアウト)が起こりうるが、
 現在デフレなので問題なし。最近の経済理論で無いと結論されている。
 また、金融緩和すればデフレ脱却できるというのは誤認であると
 結論づけられている。。

⑤規制緩和で経済成長を。←誤認5
 規制緩和ってなに~?
   規制緩和とは、供給を増やすことを意味する。

 そもそも、供給過剰がデフレであることを念頭に置いてほしい。
 ってことは、規制緩和しちゃだめじゃーーーん( ´゚д゚`)、
 
  
 そのため一人当たりの年間所得が減ってしまう。

デフレって何?っていう人もいるかな?
  需要よりも供給が大いので、ひとつあたりの値段が下がる。 
   →企業の収益が減る。→投資意欲がなくなる→所得が減る。
      →購入意欲がなくなる→需要よりも供給が大きくなる。

これじゃデフレギャップが進むよね~。

まとめると悪化してしまう要素として3つあります。
①規制緩和
②公共投資の削減
③消費税の増税

③はここでは出てきてないけど、
 消費税を増税すると購買意欲下がるのは分かるよね?
 たとえば・・・・
 たばこ税増えたよね?あれ以降高いからタバコやめたって人多いんじゃない?

おっと、きょうはこれまで~≧ω≦ノシ

no title

会社ってさぁ。
いいこじゃなきゃ
やってられないけど、

そろそろ反抗しても良いかな~

ほんとの素になれたらどんなに楽だろう。


(・ω・`=)ゞ(ノ-_-)ノ~┻━┻

息苦し
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

焼きネギ。

Author:焼きネギ。
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
コード表
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。